ニュース

岡本の洋館 内覧会

 『住宅遺産 名作住宅の継承』と題して1年間連載されます今年の家庭画報、その6月号に、「洋館を未来へ」と題して、岡本の洋館が登場しました。大正12年(1923年)に建てられ、阪神大震災までは、稲畑家、宮地家、塩野家と三家の暮らしを見守ってきました。その後の20年は、ときどき風は入れ替えるも住まい手は帰らず、ひっそり、その姿を留めています。

 このたび、家庭画報掲載を機に、今のこの姿を披露し、良いかたちで継承してくださる方を探したいと、やっとの想いで、重い扉を開きました。サポーター会員やH.P.、F.B.よりいつものようなお知らせで迎えましたので、初日は35名の来訪者でした。が、新聞各社、テレビやラジオからも次々紹介され、ご近所や阪急電車の窓から、ずっと気になっていたという方々や、はるばる関東や九州など遠方の方々まで、週末4週間、8日間でのべ700人を超える来訪者となりました。改めてしみじみ反響の大きさを感じています。
 梅雨の季節、雨の日も猛暑の日もありました。ガイドツアーも大勢の方が同時に来られます。初めての公開にいろいろ心配もしましたが、雨に濡れた紫陽花はより美しく、天井が高い館内には、気持ち良い風が吹き抜け、どうやら杞憂だったようです。皆さんに書いていただいたアンケートからは、「古き良き時代の洋館、心が豊かになりました。」「日常に疲れた現代人の癒しの場になれば」、また、「よく残りました」「ここまで維持されました」などなど感動の感想の上に、「なんとか残すべき」「残りますように」と祈るようなお言葉も多数いただきました。なかには先代、昭和37年くらいまでの所有者である宮地家とゆかりのある方々も来られ、しばし在りし日の暮らしに想いをよせ、感慨にふけりながら当時のお話も伺うこともできました。

 1日2回から3回、当会ならでは、建築史家、建築家の理事たちが替わりあって務めるガイドツアー、なかでも最後の2日間は、木子七郎を研究されている日本工業大学大学院生の武知さんに案内をお願いし、それぞれに大好評でした。
 「人が居てこその建物」、階段手すり等にも艶がでてきて、日毎建物そのものに生気が蘇るかのようで、久々の大勢のお客様に、なにより洋館が一番喜んでいるかのように見えました。ありがとうございました。これを機に、次のステージに進むことができますように、これからも応援よろしくお願いいたします。(記:原田)

岡本の洋館1

岡本の洋館2

岡本の洋館3

岡本の洋館4

桃李舎講座 桝田洋子さんを囲んで

 住宅遺産トラスト関西第3回のイベントは、トーチカという場所で、構造家の桝田洋子さんにお話を伺う会でした。たまたま4月14日以降の熊本の大きな地震がおこってしまった直後ということもあり、熊本を祈りながらの会となりました。
 構造設計者の桝田さんは、「建物を、外観や間取り、デザインだけでなく、建物を支える荷重が地面までどのように流れているか、を眺め謎解きをするのが好き。その流れが建物の形と一体になっているときに、いい建物と思う。」と話されます。
 千年以上も建っている法隆寺三重塔の骨組のお話から、構造実験のビデオなども折込み、やさしい語り口で、専門領域に思えていた構造のお話を、一般の方々も交えた参加者それぞれにわかりやすく話してくださいました。楽しくなごやかな中にも奥の深い会でした。(記:原田)

桃李舎02

桃李舎01

桃李舎03

2015年度事業報告

お陰をもちまして、一般社団法人住宅遺産トラスト関西は第1期目の事業年度を終了することができました。
今後ともご支援・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
定時社員総会において承認された事業報告書・貸借対照表を掲載します(内容は一般社団法人及び一般財団法人に関する法律第128条に定められた公告すべき事項と同じです)。

2015年度事業報告書・貸借対照表